池田昌子の Come with me!

アクセスカウンタ

zoom RSS ステキな出会いをありがとう☆

<<   作成日時 : 2006/08/15 21:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10


夏休みの予定は、消化しましたか?
 
それとも、まだプランを組んでいる最中?

旅行シーズンだネ☆ もう出掛けちゃった人も多いのカナ!?

少し遅くなったけれど、まだ旅行の計画中という人たちのために☆

ちょっとお勧めのタフな旅行♪

画像


見たことある方も多いと思います(o・_・) もちろん、乗った方も☆

アメリカ国内を走る、いわゆる長距離バス

GREYHOUNDです☆

基本的には、バックパッカー用の旅行手段として日本ではお馴染み!?

私、長距離バスでの旅行は、わりと好きなのデス( ̄▽ ̄*

その土地の景色や雰囲気を味わいながらの旅と、人との出会い。

スペインでも、マドリードからバルセロナまで長距離バスで横断したり、

日本でも、高速バスで出雲まで旅したり。

飛行機だと通り過ぎてしまうその土地を肌で感じることができるから☆


さて、アメリカ!このGREYHOUNDの良さは、その土地で素朴に生活し

ている人達が利用するところ☆ どこの国でもそうですが、ビジネスや

短い休暇を優雅に過ごす目的の旅行の場合は、もっとゆったりとした

乗り心地と安全性、そして移動時間の短縮に重きをおきます。


アメリカは、人々の生活レベルが様々な国です。

学生やバックパッカーという旅行者以外にも、遠くの親類や友人に会い

に行くための交通手段としてこのバスを利用する人も多い。


私の場合・・・留学でアメリカに滞在するまでは、アメリカ国内の旅は、飛行

機かもしくはレンタカーで旅というパターンがほとんでした。

でも、留学中は学生!しかも様々な都市を移動していたので・・・

学校見学やクラス見学なども含めるとかなりの移動回数な上に急に予定

が決まることがあった。基本的には学生は働けない。収入がないわけで

すね。クラスをとったりすることを考えると無駄遣いはできない(><;

移動のための飛行機チケットも前日などだと格安は手に入らない!

急に決まった予定で”幻の航空会社”の”恐ろしいプロペラ機”に乗る

ハメになった経験もあるけれど、、、とりあえず西海岸内の移動などなら、

このグレイハウンドバスが確実なわけです。


乗ってみてつくづく旅の面白さを思い出した☆

特に、旅行ではなく移動のために乗り物を利用することが増えていた時期。

8〜10時間の旅で、忘れていた旅の感覚が戻った♪

移り変わる景色にホッと一息ついたり、バスに同乗した人達との交流。

それはそれは、楽しい時間(〃∇〃)


一番記憶に残っているのが、バスで隣に座った黒人のおばあさん☆

すっかり打ち解けて、まるで親戚か自分のおばあちゃんのようだった。

終始、私のことを「Honey」(アメリカでは、家族や親しい人のことをこう呼ん

だりします)と呼んで、可愛がってくれたおばあさん☆

バスの中でも休憩用のカフェで停車している時もずっとおしゃべりしてた☆

ゴスペルをやっているそのおばあさんが、バスが目的地に到着した別れ際、

自分がいつも持ち歩いている聖書を私にくれた。

旅の安全と幸運を祈って☆

その聖書は、今ももちろん宝物。

GREYHOUNDが運んでくれたステキな出会いでした。

こんなステキな出会いがあるのが、このバスの魅力です。


短い旅行やリラックスのためなら、優雅に旅行を楽しむことをお勧めしますが、

少し新しい風を感じてみたければ、こんな旅の方法もいかがでしょうか?


ただし、チケットが安い分、乗り心地などは覚悟の上で(〃_ _)


それから!!グレイハウンドバスに限ったことではありませんが、自分の身の

安全はしっかりと!その土地に触れる旅は、時として危険な状況もあり得ると

いうことを暮々も忘れないでくださいm(_ _)m


では、ステキな出会いを☆



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アカデミー賞1969年「真夜中のカウボーイ」
アカデミー賞 シニアの青春映画 真夜中のカウボーイ60年終わりの時代、フランスではヌーベルヴァーグが隆盛、トリュフォーやルイマルの映画を新しい波としてみていた青春でした。ハリウッド映画の斜陽が囁かれはじめた時代。アメリカ社会はこの映画で描かれ... ...続きを見る
アカデミー賞1969年「真夜中のカウボー...
2007/05/20 19:58

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。バスの旅ですかいつかしたいですね。「Honey」さんと行きたいですね。
はい。
ブルース今村です。
2006/08/15 23:17
初めてお邪魔します。
素適なお話ですね。私もアメリカの必ず町外れにあるバスディ−ポを思い出しました…
ゴスペルは日本でもすごいことになってますよ!私もゴスペルに出会って人生変わりました。
聖書、大事にして下さいね )^o^(
たま
2006/08/16 01:23
おはようございます、昌子様。
グルグルグルーヴィィィです。

グレイハンド!
昌子さんてば、タフなんですね...

ダスティン・ホフマンと云えば「真夜中のカーボーイ」(カゥボーイではないのでよろしく)、「卒業」でも、「クレイマークレイマー」でもなく、まして「トッツィー」でも、いわんや「レインマン」でもない。
ラッツォ、そうカルフォルニアに向かうグレイハンドの中で、小便漏らしながら死んでゆく男ラッツォ。
「...俺小便漏らしちまったよ...」と惨めに泣きながら死んでゆくネズミに、泪ちょちょ切れます。
グレイハンドでそんな事を思い出しました。
「さらば冬のかもめ」の中でのグレイハンドも印象的。
どっちもアメリカンニューシネマの大傑作なので、お薦めです。
って、言うまでもないか...

もちろんいつかは乗ってみたいです!
ニュージャージーに住む伯母を訪ねて...
グルグルグルーヴィィィ
2006/08/17 11:24
こんにちは!ブルース今村さん☆

バスの旅、とってもいいですヨ^^/ ♪
ShokoIkeda
2006/08/18 19:55
こんにちは!たまさん☆

ゴスペルをやってらっしゃるのですネ!!
すごい!素敵ですネ☆

随分前にN.Y.のハーレムにある教会で初めてゴスペルを見た時は、とっても感動しました^^*

聖書、大切にしますネ☆
ShokoIkeda
2006/08/18 19:58
こんにちはー!グルグルグルーヴィィィさん☆

ハイ・・・意外と(?)、タフです、私^^; (W
さすがは、グルグルグルーヴィィィさん!!
いい映画をたくさんご存知ですネェ☆

ニュージャージーに叔母様が住んでいらっしゃるなんて、ステキ♪羨ましいデス^^*
ぜひ、訪ねてください☆
N.Y.も満喫できますネ( ̄▽ ̄*ノ

あ!「真夜中のカーボーイ」☆サントラ盤も好きですヨォ^^/ ♪
ShokoIkeda
2006/08/18 20:02
こんばんわ昌子さん☆

今日は私の大好きな父の1周忌でした・・
と、言っても1年を振り返って自分の心の中で
ただゆっくりと父を想うだけなんですけどね。
毎日慌しく過ぎてしまってるから今年のお盆はゆっくり両親を想い、今日も休日だから穏やかに1日を過ごせました。もちろん朝はフラメンコのレッスンで汗を流しましたよ(^^)v

フラメンコを踊ってる時って両親からもらった身体で表現できる喜びをすごく感じます。
また、今日は重い話をしてしまったかも(^^;

でも今日の日が終わる前に・・・
大好きな昌子さん!
素敵な出会いを本当にありがとう☆☆

ako
2006/08/19 23:57
こんばんは☆akoさん(*^_^*)

特別な時間を過ごされたのですネ。
きっと、かけがえのない穏やかな時間だったことと思います。そして・・・そんな気持ちでフラメンコに取り組んでるakoさんを見ながら、ご両親は今もとてもお幸せなんだろうなぁ・・・と感じました。akoさんの踊るフラメンコには、きっとそんな心が現れているのでしょうネ☆情熱の踊りと言われますが、心で踊るものですものね☆

夏の日の太陽のように、輝いていてください☆
そして私も、akoさんとの出会いをありがとう!
ShokoIkeda
2006/08/21 00:36
夏休みの予定を消化しました。子供とキレイな海に行こうと約束していたので、仕事の合間を利用し急きょ沖縄の久米島へ行くことに。自分自身もリフレッシュし、きれいな海と熱帯魚とゆったりした時間とビールとで・・・・
反面、彼女から わけのわからない怒りのメールと電話で 楽しさが半減しのが残念でした。
kazu
2006/08/23 17:48
こんにちは!kazuさん☆

夏休み、満喫ですネ!

彼女とケンカですか?
ちゃんと仲直りしてくださいネ^^/
ShokoIkeda
2006/08/25 22:01

プロフィール

■誕生日/11月21日
■165cm/B85/W57/H89/S23
■趣 味/旅行
■好きな色/マリンブルー
モデルを経験後、UPS、大山勝美氏等に師事し演技を学ぶ。
1991年 ジャッキー・チェン監督作品
「プロジェクトイーグル」にてスクリーンデビュー。TV・映画・舞台・CM で活躍後、充電期間をとり単身渡米。演技留学を経て、2005年 CX 「曲がり角の彼女」にて復帰。



ステキな出会いをありがとう☆ 池田昌子の Come with me!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる